スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





エジプトの習慣の一つ、断食

エジプトと切り離せない習慣に断食があります。

エジプトでは、第9月のラマダーン月には、毎日、太陽が昇ってから沈むまでの間、いっさいの飲食は禁止です。これがイスラム教徒との義務のひとつ断食「サウム」です。

わたしたちのようにあまり宗教と密接にかかわっていないものからすると信じられないぐらい厳しく、徹底したものです。

飲食やタバコを吸うことはもちろん、唾を飲み込むことも禁止なのです!
もちろん、病人や妊婦、および旅人は免除されるわけですが。

ただ、日中は食堂が休業となったりして、旅行者といえどもエジプトにいる限り、ラマダーンの影響をまったく受けないというわけにはいきません。

ともすれば思わぬとばっちりを受けることもあります!
たとえば?おなかがすくと人は誰でもいらいらするものです。

これは本能ですよね?宗教的義務とはいえ、断食はつらいもの!
自分たちが食べられないのに、観光客が平然と食べ歩きをしているのは、いらぬ喧嘩を招くもとです♪
そうでなくても・・・断食中は、地元の人はおなかがすいていらいらしていますからね?

さらに、日没を知らせる大砲などの合図と共に、食堂は人であふれます!この時期のカイロの帰宅ラッシュは本当にすさまじいです。
誰もが仕事を早々に切り上げ、食べ物が待つ自宅へ直行するからです。

日没後の食事は「イフタール」と呼ばれます。

食堂によっては、この時期だけの特別メニューを出すところもあります。
また、イフタールを平らげたあとの街には、遊園地や出店が出るなど、お祭り騒ぎです。

ラマダーン限定のとびっきり甘いお菓子も出て、風物誌ともなっていますので、是非、この時期にエジプトを訪れたなら、試してみてください。

ただし、お酒は厳禁です。
夜遅くまで楽しく飲み食いし、深夜に床に就きます。
そして夜が明ける前に朝食です。

これを食べ損なったら、それこそ一日空腹に泣きたくなってしまいます。
そうして夜明けを知らせる太鼓の音と共に、またラマダーンの一日が始まるのです。

「郷に入れば郷に従え」です。
多少の不便さは感じられるかも知れませんが、エジプトのエジプトらしさを感じることができるいい機会だと思います。

この時期にエジプト旅行をすることを強くおすすめします。よかったらあなたも断食いかがですか?エジプト旅行を楽しんでおまけに痩せてきれいになって帰ってくるなんて・・・・。
スポンサーサイト





エジプトにおけるイスラム教PageTopエジプトでの交通手段の一つ、セルビス

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://egyptryokou.blog50.fc2.com/tb.php/7-b71dc192

最近の記事
サイト内容
買い忘れありませんか?

RSSリンク
ランキングに参加しています
ブログ内検索

RSSフィード
リンク集
QRコード

QRコード

携帯用アフィリエイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。