スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





イスラム教の教え、一夫多妻制などエジプト人の生活

イスラム教の教義では、一夫多妻制です。つまりひとりの男性は4人まで妻を娶ることができます。
しかし現在のエジプトにおいて、実際に二人以上の女性と結婚している男性は1パーセントにも満たないといわれています。経済力がないためなのでしょうか?

このようなことからわかるように伝統的に、エジプトは男性社会です。
客人が訪れると、家長、あるいは長男が、お客様のご訪問を高らかに宣言し、家族全員が気持ちを引き締めて客人を迎えます。そして客人が心から満足してもらえるよう、家族全員が協力するのです。


エジプト、特に地方では、血縁の結びつきがきついです。
年上の男性の優越権は絶大です。
結婚も個人ではなく、家族と家族の結びつきと認識されます。
個々の家族は、独立した単位ではなく、婚姻によって結ばれた大きな一族の一員という位置づけになるのです。明治時代などの日本のような感じがしますね。

出生についても、男児の誕生は盛大に祝われます。
一方、女児はさほどでもありません。
男性の数の多さは、経済力や政治力とならぶ、一族の勢力をはかるひとつの目安なのです。
一族の財産、つまり父親の財産は、家族の男性メンバーに引きつがれ、管理されます。
特に長男はもっとも重要な位置づけにあります。

しかし、近年、このような父親を中心とする家族の結束が崩れつつあります。
出稼ぎや移民の増加、農業以外の就職が増大しているのがその原因です。
父親に頼らずに経済力をつけることができるようになってきたからです。

またカイロなどの都会では、父親や夫以外の男性から隔離されて生きてきた女性が、田舎の生活におけるような女同士のつながりも失い、アパートに孤立してしまうという新しい問題もおきつつあります。社会的な新たな問題ですね。
スポンサーサイト





最近の記事
サイト内容
買い忘れありませんか?

RSSリンク
ランキングに参加しています
ブログ内検索

RSSフィード
リンク集
QRコード

QRコード

携帯用アフィリエイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。