スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





イスラムの5つの柱

エジプト旅行と切っても切れない関係にあるのがイスラム教。そのイスラム教の教えである5つの柱についてお伝えします。

イスラムの信仰は5つの柱に支えられています。
「アル・アルカーン・アル・ハムサ(5つの柱)」です。

1.シャハーダ
信仰告白です。
日本語にすると「アッラーのほかに神はなく、ムハンドはアッラーの使途である」となります。
エジプトでは礼拝のときだけでなく、日常的によく口にされる決まり文句です。
ムハンマドというのは、イスラム教の開祖です。

2.礼拝
エジプトで信仰されているイスラム教はスンニー派です。
スンニー派では1日5回の礼拝が義務づけられています。

3.ザカート(喜捨)
エジプトでは、ザカートは自発的なものではなく「義務」として制度化されています。
チップとは違うのです。

自発的な喜捨は「サダカ」と呼ばれ、「バクシーシ」と呼ばれることが多いものです。
義務である「ザカート」は、貧しい巡礼者や借金を返済できない人のために用いられます。
エジプトを旅していると、「バクシーシ、バクシーシ」と人びとが寄ってきて、困ってしまうことがあります。

弱い人は強い人から施されるのは「当然である」という意識に基づいた習慣です・・・観光者には理解できなくても・・・これはその地に根付いたものなのです。

4.断食
太陰暦の第9月は「ラマダン」と呼ばれます。
第9月1日からイスラム教ではラマダン「断食月」となります。
そして第10月の1日からが「イード・アル・フェトル」(断食月明けの祭り)となります。

5.巡礼
イスラムの5つの柱の最後は、巡礼です。
第12月の巡礼月の8日~10日まで、定められた方法にしたがってメッカを訪れるのです。
もっとも、これは余裕のある人だけで、彼らは帰国すると「ハッジ」と呼ばれて尊敬されます。


そしてこのあと、「犠牲祭」が始まるのです。
羊料理を囲み、豊かな人は貧しい人たちにおすそわけをするのです。

イスラムの信仰の5つの柱、「アル・アルカーン・アル・ハムサ(5つの柱)」を理解することでエジプト旅行の深みが必ず増します。ぜひ、何度でも読み返してくださいね。
スポンサーサイト





イスラム教の教え、一夫多妻制などエジプト人の生活PageTopエジプトの水は飲めるのか?

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://egyptryokou.blog50.fc2.com/tb.php/11-da6d5025

最近の記事
サイト内容
買い忘れありませんか?

RSSリンク
ランキングに参加しています
ブログ内検索

RSSフィード
リンク集
QRコード

QRコード

携帯用アフィリエイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。