スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





考古学博物館のウシャブティは必見の価値あり!

エジプト旅行で訪れる観光地でカイロといえば、どうしてもエジプト考古学博物館ははずせません。

そして、そのエジプト考古学博物館はツタンカーメン王の秘宝が展示されていることでも有名です。

だいたいパッケージツアーでは訪問時間は1~2時間ぐらいだと思いますので、せめてラムセス2世のミイラ室はどこにあるのかは調べておいたほうがいいと思います。

事前に調べておいて、スポットでまわる!これが時間がないときの効率的な美術館、博物館の回り方です♪

そして他には考古学博物館には、古代エジプトがツタンカーメンの王墓に埋葬したような金銀財宝ばかりでなく、当時の人びとの生活がわかるようなさまざまな日常品も展示されています。

ツタンカーメンの黄金のマスクなど有名な所蔵品だけでなく、日常品のひとつひとつを見ていても当時の生活が想像されて非常に興味深いものです。

これらの副葬品は、来世を現世の延長としてとらえていた彼らは、来世に行っても困らないよう充分な下準備をしていたことがわかります。


ウシャブティ
ウシャブティというのは、「こたえる者」という意味で、ミイラの形をした小さな像で、副葬品として死者と共に埋葬されました。

呪術的な目的で作られ、墓の主が来世において、必要なときに呼び出し、死者の身代わりになって労働に従事する役目を担っています。

興味深いのは、その数です。ウシャブティは時代と共にその数を増し、新王国時代になると365体、つまり1年分がひとりの死者のために用意されたのです。

ぜひ、こういったものにも興味を持って、事前に調べることによってもっと、もっと深くエジプト旅行を楽しんでいただけたらって思います。




スポンサーサイト

PageTop

最近の記事
サイト内容
買い忘れありませんか?

RSSリンク
ランキングに参加しています
ブログ内検索

RSSフィード
リンク集
QRコード

QRコード

携帯用アフィリエイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。