スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





エジプトのカイロにあるモスクたち

エジプトでは宗教という枠を超えて人びとの生活全体に深く根付いているイスラム教。
エジプトは、イスラム教スンニー派が90パーセント、キリスト教コプト派が7パーセントを占めています。

イスラム教の礼拝堂を「モスク」といいます。
アラビア語の「マスジド」つまり「ひざまずく場所」が語源です。

日本人の私たちには混同しがちですが、あくまで礼拝を行う場所であるため、仏像が安置されている日本の仏教寺院などと異なり、モスクのなかには崇拝の対象となるようなもの・・・神や天使、預言者などの偶像は置かれていませんし、描かれることもありません。

もっぱら幾何学模様のような装飾が描かれているだけです。
図像を廃した内装と外観は、純粋に装飾、建築の美しさから非イスラム教徒にとっても魅力のあるものとなっています。

モスクは都市の各街区や各村に設けられています。
都市の中心には金曜礼拝を行う、「マスジド・ジャーミー(略してジャーミー)」・・・金曜モスク・・・が置かれています。
大きなモスクは複合施設(コンプレックス)となっており、マドラサと呼ばれるイスラムの学院も併設されています。


エジプトのカイロには次のようなモスクがあります。

●イブン・トゥールーン・モスク
9世紀に完成。
カイロに現存する最古のモスク。

●アズハル・モスク
10世紀後半に完成。
併設されているアズハル大学ともども、イスラム学の中心的存在です。

●ムハンマド・アリー・モスク
19世紀にエジプトを支配した、ムハンマド・アリが建設したモスク。
華麗で壮大なそのすばらしさは、当時の彼の勢力の大きさを示しています。


一度モスクを見ると、その装飾の美しさに見とれてしまいます。
本当に素晴らしいモスクです。




スポンサーサイト

エジプト旅行の大敵、下痢

エジプト旅行で最も気をつけなければいけないこと。
盗難? 宗教上のタブー? もちろんそれもとても大切なことです。でも・・・・・・・

エジプトを旅行していて思うことは、とにかく健康を保つにはそれなりの知識がいるということです。

気候や食べ物の違いなどから、いつも健康には自信のある方でも、体調を崩すことは往々にしてあります。

エジプトは、日本と比べ、衛生状態は悪いです。

現地の人が食べているから、飲んでいるから・・・と、生水や生野菜、生ジュースを口にすると、おそらく翌日はトイレから出られなくなります。そんな当たり前のことはいまさら言わなくてもみなさんよくお分かりだと思います。

旅の疲労や夏にはあの強烈な暑さで、ただでさえ体力が奪われていることを計算して行動することが大切です。

ちょっとでも気分が優れないと感じたら、早めにホテルにもどり、休息しましょう。
夏、エアコンが効きすぎているのも体調にはよくありません。

特に下痢になったら、充分な水分補給を心がけてください。
水分をとると余計におなかがゆるくなってしまいそうですし、一歩ホテルを出たらトイレを探すのは至難の業ということもあり、水分を控えてしまいがちですが、脱水症状を起こし、生命に危険が及ぶこともあり得るのです。

わたしは、いつも下痢をした時のために粉末状のポカリスエットを持っています。便利で栄養補給できて軽くて。お勧めです。

また、「ナイルの水を飲んだ者は必ずナイルにもどってくる」という言い伝えがありますが・・・くれぐれもナイル川の水をお飲みにならないように!

現地の子どもたちはナイル川で泳いでいますが・・・いくら暑くても、いっしょに飛び込んだりしないでくださいね。

ナイル川にはビルハイツ住血吸虫という寄生虫がいるからです。
これが体内に入ると、血尿が出たり、重大な感染症を引き起こします。
素足で川べりを歩き回ることも避けたほうがいいでしょう。

とにかく、下痢で1日中ホテルにいた!ってことのないようにくれぐれもご注意を!




エジプトの祝日、イードル・フィトル、イードル・アドハー、ラマダン

エジプトはやはりイスラムの国、祝日もイスラム教の行事と強く結びついています。
それでは、今回はイスラム教の行事としてもお祭りとされる、祝日についてお伝えします。


☆イードル・フィトル
ラマダーン(イスラム暦の第9月で断食月)が終わると、イードル・フィトルと呼ばれるお祭りが行われます。
断食明けのお祭りで、3日間続きます。
普段離れている親戚に会いに行く、といった感じで、特別に何をするというわけではありません。
しかし、血縁を何よりも大切にするエジプト人にとっては大切な行事です。
日本でいうと、お盆やお正月などの帰省に値する感覚でしょう。


☆イードル・アドハー
イスラム暦の第12月は巡礼月です。
イードル・アドハーは、第12月の10日に、巡礼が無事終わったことを神に感謝して、羊やらくだを屠る儀式を行う祭りで、犠牲祭です。
巡礼に行ったものだけでなく、故郷にいる人も羊などの首を切り、みんなで食べます。
貧しい人に配ったりもする祭りです。
この間は長い休みとなり、日本でいうゴールデンウィークのようです。

エジプトはイスラム教徒が90パーセントを占める国ですが、国民の7パーセントはコプト教の信者です。

コプト教の祭りも、イスラムの祭りと同様に「マリウド」と呼ばれ、エジプト各地にある修道院で行われます。

しかしイスラムの場合と異なり、コプト教の祭典は、聖人の死亡日を記念する祭りです。

宗教的な祭典とは別に、公共の祭典があります。
たとえば、イートル・カウミはそのひとつです。
かなり政治色の強いもので、各県ごとに住民が伝統の民謡や舞踊を披露します。

このような祝日の時期にエジプトを訪れるとラマダン時期などレストランでアルコールが出されなかったり食事が取れなかったりして非常に不便ですが、それもまた普段とは違ったエジプトを見ることができる素晴らしい機会ではないでしょうか。






エジプト土産に最適な伝統工芸品

エジプト旅行に限らず海外旅行でお土産を買うのって苦労もあるけど、楽しいですよね。

エジプトの街角で、おじさんがゆっくりと水パイプ「シーシャ」を吸っているのをみると、アラビア的ムードいっぱいです。

きらびやかなシーシャは、見事な細工が施され、芸術品としても貴重です。

シーシャの葉には、リンゴの香りやイチゴの香り、といった甘い香りのものもあります。
エジプトを訪れたら、女性も、一度は挑戦してみるといいかも知れません。

現地で体験し、使いかたをマスターし、お好みの香りも見つかったら・・・日本に持って帰りたくなります!

おみやげに購入してみてもいいかもしれませんね。

注目を集めることは間違いありません。
ただ、水パイプは重いうえに壊れやすいのです。
分解してもってかえるにしても、くれぐれも注意して梱包しましょう。

私も一度購入して帰りましたが本当に大変でした。

水パイプは無理でも、もうちょっと小さくて、エジプトの魅力を堪能できるのが香水の瓶です。
香水の瓶を売るお店では、バナーを巧みに操ってガラスを細工する職人さんの技を見学させてくれるところもあります。

香水瓶を買ったら、その場でお好みの香水も選べることがよくあります。
いろいろ試して、自分にいちばんぴったりの香りを見つけてください。


その他、市場を歩いていると天井までずらりと銅製のお皿が飾られているのをよくみかけます。
お値段も手ごろですから、お土産に購入するのもいいですね。

また、きれいな模様の宝石箱は、モザイークと呼ばれます。
貝殻を埋め込んだ緻密な細工が見事です。
軽いですし、大きさもいろいろで、使いかってが良さそうです。

エジプトには伝統工芸品も含めてすごく魅力的なものが多くあります。






PageTop

最近の記事
サイト内容
買い忘れありませんか?

RSSリンク
ランキングに参加しています
ブログ内検索

RSSフィード
リンク集
QRコード

QRコード

携帯用アフィリエイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。