スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





エジプトにながれる時間は他の国とは違います

エジプトも日本も、もちろん時差はありますが、全世界1日24時間365日ですよね。
これは当たり前のこと。

しかしエジプトでは違う感じがしてなりません。
エジプト旅行をしていると、どこからともなく、お経のような?肉声の響きが流れてきて、
異国情緒に駆られます。

これは「アザーン」というイスラム教における礼拝への呼びかけです。
キリスト教における鐘のような役割をしています。
ただ肉声で行われるところがよりいっそう趣深く感じられます。

「アッラーフ・アクバル(神は偉大なり)」の4度の繰り返しから始まり、1日5回の礼拝時間が近づいていることをムスリム(イスラム教徒)に知らせるために、モスクなどから呼びかけられます。
イスラム教徒にとっては時計代わりの存在で、生活に根付いています。


エジプトには、「3つの時間がある」とわたしは考えています。
夏時間と冬時間、そしてラマダーン時間です。

エジプトではイスラムの習慣により、1週間は土曜日から始まり、休日は金曜日です。

現在、お店はたいてい日曜日を定休日としていますが、なかには金曜日ということもあります。
観光で訪れる人たちにとって、お目当てのお店がおやすみというのはなんとも悲しいものです。
せっかく買いものを楽しみにしていたのに・・・・・・って。

夏の暑さが厳しいエジプトでは、夏、9:00~13:00までと17:00~20:00が営業時間となります。
昼間はお休みが多いですからショッピングは注意してくださいね。


しかし、昼間よりもさらに注意が必要なのは、ラマダーン時間です。

年に一回のイスラム暦ラマダーン月(9月)には、国民の大半を占めるイスラム教徒が断食に入ることから、レストランなどは夕方から深夜までの開店となるのがほとんどです。
なかには、ラマダーンの時期丸々1ヶ月間、休業というところさえあるほどです。






スポンサーサイト

古代エジプトの王、メネスからクレオパトラ7世まで

エジプト観光においては、エジプトの古代史のことをちょっと知って出かけると旅の楽しみ、
記憶が何倍もふくれあがります。

いろいろな書物を読めば、それに越したことはないのですが、少なくても下記の
王の知識については知っておけばいいと思います。


●メネス王(B.C.3100~3000頃)
エジプト史上初めてエジプトを統一し、首都メンフィスを建設されたといわれる伝説の王です。

●クフ王(B.C.2550頃)
古代エジプトの古王国時代第4王朝の王です。

エジプト観光の目玉のひとつ、世界最大の墓とされる、ギザの第1ピラミッドを建設したことで
知られます。

●ツタンカーメン王(トゥトアンクアムン)(在位B.C.1361~1352)
古代エジプト新王国時代第18王朝のもっとも有名な王。

20世紀に発掘された彼の墓から出土した秘宝は世界中をあっと言わせました。

しかし、実際、歴史的には無名の、青年王(9歳に即位し、18歳で死去)であったために
盗掘を逃れたのです。

●ラメセス2世(在位B.C.1304~1237)
古代エジプト新王国時代第19王朝の王。

かなり自己顕示欲の強い王だったようで、エジプトのあちこちの神殿に自分の名前を
刻ませていたようです。

権力も壮大で、正妻4人、側室200人以上、王子や王女も200人以上いたようです。
強国ヒッタイトと戦い、世界最古の和平条約を結んだ王です。

●アレクサンドロス大王(在位B.C.332~323)
ギリシアのマケドニアの王。

長期にわたる遠征によってユーラシア大陸からアフリカ大陸にまたがる大帝国を築き、
エジプトも征服して大都市アレキサンドリアを建設しました。

●クレオパトラ7世(在位B.C.51~30)
プトレマイオス朝最後の女王。

絶世の美女といわれていますが、その真否はともかく、9ヶ国語を操る語学の天才で、
会話の巧みさから人を魅了する女性だったといわれています。







イスラム教の教え、一夫多妻制などエジプト人の生活

イスラム教の教義では、一夫多妻制です。つまりひとりの男性は4人まで妻を娶ることができます。
しかし現在のエジプトにおいて、実際に二人以上の女性と結婚している男性は1パーセントにも満たないといわれています。経済力がないためなのでしょうか?

このようなことからわかるように伝統的に、エジプトは男性社会です。
客人が訪れると、家長、あるいは長男が、お客様のご訪問を高らかに宣言し、家族全員が気持ちを引き締めて客人を迎えます。そして客人が心から満足してもらえるよう、家族全員が協力するのです。


エジプト、特に地方では、血縁の結びつきがきついです。
年上の男性の優越権は絶大です。
結婚も個人ではなく、家族と家族の結びつきと認識されます。
個々の家族は、独立した単位ではなく、婚姻によって結ばれた大きな一族の一員という位置づけになるのです。明治時代などの日本のような感じがしますね。

出生についても、男児の誕生は盛大に祝われます。
一方、女児はさほどでもありません。
男性の数の多さは、経済力や政治力とならぶ、一族の勢力をはかるひとつの目安なのです。
一族の財産、つまり父親の財産は、家族の男性メンバーに引きつがれ、管理されます。
特に長男はもっとも重要な位置づけにあります。

しかし、近年、このような父親を中心とする家族の結束が崩れつつあります。
出稼ぎや移民の増加、農業以外の就職が増大しているのがその原因です。
父親に頼らずに経済力をつけることができるようになってきたからです。

またカイロなどの都会では、父親や夫以外の男性から隔離されて生きてきた女性が、田舎の生活におけるような女同士のつながりも失い、アパートに孤立してしまうという新しい問題もおきつつあります。社会的な新たな問題ですね。




イスラムの5つの柱

エジプト旅行と切っても切れない関係にあるのがイスラム教。そのイスラム教の教えである5つの柱についてお伝えします。

イスラムの信仰は5つの柱に支えられています。
「アル・アルカーン・アル・ハムサ(5つの柱)」です。

1.シャハーダ
信仰告白です。
日本語にすると「アッラーのほかに神はなく、ムハンドはアッラーの使途である」となります。
エジプトでは礼拝のときだけでなく、日常的によく口にされる決まり文句です。
ムハンマドというのは、イスラム教の開祖です。

2.礼拝
エジプトで信仰されているイスラム教はスンニー派です。
スンニー派では1日5回の礼拝が義務づけられています。

3.ザカート(喜捨)
エジプトでは、ザカートは自発的なものではなく「義務」として制度化されています。
チップとは違うのです。

自発的な喜捨は「サダカ」と呼ばれ、「バクシーシ」と呼ばれることが多いものです。
義務である「ザカート」は、貧しい巡礼者や借金を返済できない人のために用いられます。
エジプトを旅していると、「バクシーシ、バクシーシ」と人びとが寄ってきて、困ってしまうことがあります。

弱い人は強い人から施されるのは「当然である」という意識に基づいた習慣です・・・観光者には理解できなくても・・・これはその地に根付いたものなのです。

4.断食
太陰暦の第9月は「ラマダン」と呼ばれます。
第9月1日からイスラム教ではラマダン「断食月」となります。
そして第10月の1日からが「イード・アル・フェトル」(断食月明けの祭り)となります。

5.巡礼
イスラムの5つの柱の最後は、巡礼です。
第12月の巡礼月の8日~10日まで、定められた方法にしたがってメッカを訪れるのです。
もっとも、これは余裕のある人だけで、彼らは帰国すると「ハッジ」と呼ばれて尊敬されます。


そしてこのあと、「犠牲祭」が始まるのです。
羊料理を囲み、豊かな人は貧しい人たちにおすそわけをするのです。

イスラムの信仰の5つの柱、「アル・アルカーン・アル・ハムサ(5つの柱)」を理解することでエジプト旅行の深みが必ず増します。ぜひ、何度でも読み返してくださいね。




PageTop

最近の記事
サイト内容
買い忘れありませんか?

RSSリンク
ランキングに参加しています
ブログ内検索

RSSフィード
リンク集
QRコード

QRコード

携帯用アフィリエイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。