スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





エジプトの水は飲めるのか?

さて、エジプト旅行で気をつけていただくことにひとつに「水」があります。

エジプトの暑さ、とくに夏などは半端じゃありません!
暑い?いやいや、熱いってぐらいです。

汗をかかないなあ・・・暑いって聞いてきたけどそれほどでもないなぁ~と思っていたら、なんのことない、汗は肌から出るとすぐに蒸発してしまうからです。

体感的には日本の夏よりも数段気持ちはいいですよ。体感的にはですが・・・・・・。
でも、身体へのダメージは相当なものがあります。半端じゃありません。女性など肌を気にされる方は注意が必要です。


水分補給は、脱水症状を防ぐためにも不可欠です。
かといって、現地の水を飲むことは絶対にやめてください。

エジプトの飲料水は基本的にナイル川から供給されます。
当然、浄水場を経て水道へとくるはずなのですが、この水道管が赤錆びていたりして、大きなホテルといえども、バスタブに水をためていたらいつのまにか赤くどろどろになっていた、ということもあるほどです

エジプトでは路上のあちこちに素焼きの壺が置かれ、水道水が入れられています。
この壺はジィールと呼ばれます。

素焼きなので絶えず、水が外に滲みだし、外気の熱で水蒸気となります。
これによって気化熱が奪われ、中の水を冷却するという仕組みです。

昔は、素焼きの壺をろ過して下にしたたる水を飲んだといわれますが、現在は、壺のなかの水をすくって飲みます。

現地の人たちは、備え付けのコップで飲んでいるようですが、観光客にはまずお勧めできません。
みなさんはしないと思いますが、おなかの弱い方なら即トイレ直行ですよ♪
話題作り、旅のジョークでも絶対にやめてくださいね。

その水の代わりに私のおすすめはチャイです。
しかも、エジプト人と同じように熱いチャイを飲むことをおすすめします。

そして何よりも暑い時間にはふらふらと出歩かないことかもしれませんね。
夏の日中、カイロの街中を歩いているのは観光客ばかり!
エジプト人は自宅でお昼寝タイムです。

「郷に入れば郷に従え」かもしれません。
昼間は観光もやめて、ホテルで昼寝!!

さ~てせっかちな日本人、どれだけの人が実行できるか?

わたしは、絶対無理ですね♪





スポンサーサイト

エジプトならではのおすすめエジプト土産

やっぱりどうしても悠久の歴史を見るために訪れたエジプト旅行だといっても、海外旅行の楽しみでかかせられないのがショッピング。
エジプトの魅力は、ピラミッドやスフィンクスだけではありません。

いろいろなところに存在する迷路のような市場には、おもしろそうなお土産がいっぱいです。
エジプトらしいお土産には、どのようなものがあるのでしょうか?

たとえば、古代エジプトの神々をモチーフにしたアラバスターの像はどうでしょう?
ずらっと勢ぞろいした古代エジプトの神々の像は、どこかユニーク。

友人、知人からユニークなお土産っていうことで感謝されること請け合いです。不思議な雰囲気を演出してくれるでしょう。

そしてエジプトのアイドルともいうべき、スカラベ(フンコロガシ)。
ペーパーウェイトやペンダントトップになって、売っています。

その他、市場にはベリーダンスの衣装も売っています。
思わず衝動買いしてしまいそうな「ド」派手さですが、一着どうでしょう?
買われている観光客の方も多いですが、いっときの興味で購入して、日本に帰ってからいつ着るのでしょうか(笑)よ~~~く考えて買ってくださいね♪

エジプト綿は良質なことで知られています。
Tシャツやポロシャツなら、ベリーダンスの衣装と違って手軽に買えますね。

時間に余裕があれば、胸や背中に自分の名前をアラビア文字で刺繍してもらえることもあります。
象形文字入りの自分の名前・・・なかなかいいお土産になります!

現地の人たちが着ている「ガラベーヤ」という衣服は、さすが砂漠の民が愛用しているだけあって、すこぶる快適です!
わたしは、パジャマ代わりに愛用しています!

そのほか、現地で人気の音楽テープやCDも帰国してから聴くと、とても懐かしいものです。
懐かしいものですが・・・・・、おそらく1,2度聞けば、それで終わりです♪

海外旅行でけっこう頭を悩ますのがおみやげですよね。
プレゼントするお土産でその人のセンスが問われます。だからこそ、素敵でセンスがあり、やっぱり安い(笑)ものを探したいですね。






エジプトにおけるイスラム教

エジプト旅行をする私たち観光客にとってすべてにおいてかなりの影響をうけるイスラム教。
イスラム教を理解することがエジプト旅行を楽しむ上で感動を2倍にも3倍にもしてくれると思います。

今回はそのイスラム教についてお伝えします。

エジプトは、国民の90パーセントがイスラム教スンニー派の信者というイスラム国です。
イスラムは、西暦7世紀にアラビア半島に現れた宗教で、ユダヤ教やキリスト教といった先行する宗教と同じ流れをくみます。

イスラムの5つの柱「アル・アルカーン・アル・ハムサ(5つの柱)」は人びとの生活に広く、深く根付いています。その5つとは・・・・
1.シャハーダ
2.礼拝
3.ザカート(喜捨)
4.断食
5.巡礼

エジプトでよく耳にする「アッラー」とは、アラビア語で「唯一の神」を意味します。
「インシャアッラー(神の思し召しのままに)」は、
エジプト人がよく口にする言葉です。
誰かに何かを頼んだりするとこの言葉が返ってくることがよくあります。

「人間の能力には限界があるもの、未来のことは・・・神のみぞ知る!」という意味で、エジプト人の無責任さを示す言葉をして引用されることも多いですが、人間が己の分をわきまえないことを戒める、ムスリムの貴重な教えなのです。

以前、エジプト旅行の添乗をした時、お客様からホテルの部屋の電気がつかないとのクレームでロビーに行ったらホテルのスタッフは
「インシャアッラー(神の思し召しのままに)」
何もしてくれませんでした。(涙)

また、「アル・ハムドゥリッラー」は「おかげさまで」といったニュアンスでやはりよく口にされます。

これら「アッラー」を含んだフレーズは、エジプトを旅していれば何度も耳にするはずです。
時間にはルーズで、平気で約束の時間に遅れてくることもしばしば・・・。
でも、逐一腹を立てていてはエジプトでは暮らしていけません!

「インシャーアッラー!」
人間には限りがあるのですがから・・・のんびり構えていこう!
この気持ちで、ゆったりとエジプトの旅をしてこそこの国の魅力もわかります。
郷に入れば郷に従え!そうしてこそ、本当の旅を楽しめるでしょう。

といっても、やっぱりイライラしてしまいますよね。(笑)





エジプトの習慣の一つ、断食

エジプトと切り離せない習慣に断食があります。

エジプトでは、第9月のラマダーン月には、毎日、太陽が昇ってから沈むまでの間、いっさいの飲食は禁止です。これがイスラム教徒との義務のひとつ断食「サウム」です。

わたしたちのようにあまり宗教と密接にかかわっていないものからすると信じられないぐらい厳しく、徹底したものです。

飲食やタバコを吸うことはもちろん、唾を飲み込むことも禁止なのです!
もちろん、病人や妊婦、および旅人は免除されるわけですが。

ただ、日中は食堂が休業となったりして、旅行者といえどもエジプトにいる限り、ラマダーンの影響をまったく受けないというわけにはいきません。

ともすれば思わぬとばっちりを受けることもあります!
たとえば?おなかがすくと人は誰でもいらいらするものです。

これは本能ですよね?宗教的義務とはいえ、断食はつらいもの!
自分たちが食べられないのに、観光客が平然と食べ歩きをしているのは、いらぬ喧嘩を招くもとです♪
そうでなくても・・・断食中は、地元の人はおなかがすいていらいらしていますからね?

さらに、日没を知らせる大砲などの合図と共に、食堂は人であふれます!この時期のカイロの帰宅ラッシュは本当にすさまじいです。
誰もが仕事を早々に切り上げ、食べ物が待つ自宅へ直行するからです。

日没後の食事は「イフタール」と呼ばれます。

食堂によっては、この時期だけの特別メニューを出すところもあります。
また、イフタールを平らげたあとの街には、遊園地や出店が出るなど、お祭り騒ぎです。

ラマダーン限定のとびっきり甘いお菓子も出て、風物誌ともなっていますので、是非、この時期にエジプトを訪れたなら、試してみてください。

ただし、お酒は厳禁です。
夜遅くまで楽しく飲み食いし、深夜に床に就きます。
そして夜が明ける前に朝食です。

これを食べ損なったら、それこそ一日空腹に泣きたくなってしまいます。
そうして夜明けを知らせる太鼓の音と共に、またラマダーンの一日が始まるのです。

「郷に入れば郷に従え」です。
多少の不便さは感じられるかも知れませんが、エジプトのエジプトらしさを感じることができるいい機会だと思います。

この時期にエジプト旅行をすることを強くおすすめします。よかったらあなたも断食いかがですか?エジプト旅行を楽しんでおまけに痩せてきれいになって帰ってくるなんて・・・・。




PageTop

最近の記事
サイト内容
買い忘れありませんか?

RSSリンク
ランキングに参加しています
ブログ内検索

RSSフィード
リンク集
QRコード

QRコード

携帯用アフィリエイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。