スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





エジプトでの交通手段の一つ、セルビス

セルビスとは何のことでしょう?

セルビスとはタクシーでも路線バスでもないのですが、決まった路線を、一定の乗客が集まった時点(これが欠点なのですが・・・)で出発するワゴン車のことです。

セルビスの語源は、サービスの訛りだそうです。

エジプトには、セルビスに似た交通機関のマイクロバスがあり、こちらは市内の大型バスルートのうちの主要ルートを走ります。手を挙げて大声で叫べばどこででも停まってくれます。

行き先が同じで、空席があれば乗せてくれますが、満席だと乗車を拒否されてしまいます。
セルビスにもマイクロバスにも、「TAXI」と書いてありますが、両者の違いは、移動距離です。
マイクロバスが市内を走るのに対して、セルビスは主に中長距離を受け持ちます。
エジプト国内をすみからすみまで走っていますので、個人旅行の長距離移動には欠かせない存在です。

主要都市間なら24時間運行しています。
マイナーなルートでも、早朝から21時頃まではカバーしています。
料金は100kmの移動につき2.5£E程度ぐらいです。

セルビスはマイクロバスと違って途中乗車はできませんが、途中で下車することは可能です。
また、チャーターすることも可能なので、ある程度人数が揃うのなら、遺跡めぐりに1台チャーターしてまわってもらうのもいい考えです。
これもエジプト旅行で非常に大切なことですが、値段交渉は事前にしておくことが大切です。

今までセルビスのいいところばっかりお伝えしましたが、セルビスの問題をあげるとすれば、一定の人数が集まらないと出発してくれないことですね。
乗客が集まらず、1~2時間待ちぼうけを食らわされることもざらです。急いでるときなどはちょっとって感じですよね。

時間の限られた急ぎ足の観光旅行用というよりは、バックパッカー用かもしれませんね♪

ひとつだけ、セルビスを利用する場合のコツをお伝えしますね。
長距離を移動する場合や夜などは、空いていれば後ろの席に座りましょう♪






スポンサーサイト

エジプトでの水上交通・水上クルーズのおはなし。

今回はエジプトでの交通手段、移動手段についてお伝えします。

「エジプトはナイルの賜物」といわれるほど、ナイル川とは切っても切れない関係のエジプト。
映画でも有名なかのナイル川は、エジプト人にとっての貴重な水資源であるばかりでなく、エジプト国内における有用な移動手段でもあります。

ルクソール~アスワン間、アスワンハイダム~アブ・シンベル間を運航する、ナイル川クルーズ船は非常に有名でエジプト旅行などでは必ずって言っていいほど、ツアーに組み込まれていますよね。

豪華客船内では、豪勢なディナーとショーが繰り広げられ、沿岸から見ていても夜のナイル川に浮かぶその姿にはうっとりします。

また、ファルーカ(フルーカ)といって、ゆったりと風任せで進む帆掛け舟も是非、乗っていただきたい乗り物です。異国情緒たっぷりです。ちょっと進むのが遅いですが・・・・(笑)

ファルーカは移動手段というよりも、ゆったりとナイル川をくだり、夕涼みをするといった感じです。
モーター付きのものもありますが、エジプト人のおじいさん・・・時にはかっこいい青年のことも!・・・が、巧みに風を操り、進んでいくモーターなしのタイプをお勧めします。

その他、水上バスがあります。
これはカイロ市内のナイル川流域を移動するもので、実用的な役割を果たします。観光客用ではないです。船のバスと言った感じでしょうか?

クルーズは、ナイル川だけでなく、ナセル湖でも楽しむことができます。
アスワンハイダム~ナセル湖間には豪華客船によるクルーズが運航されています。

このあたりには、エジプト人とは少し異なる様相のヌビア人たちの貴重な遺跡も点在しています。
フルーカを操るのも多くはヌビアの人たちです。

朴訥としながらも、陽気な彼らの奏でる楽器、ウードの音を聴きながらのんびりと夕闇を風に揺られるのもいいものですよ。

ぜひ、一度はエジプト旅行に♪

一度は普通の観光、一度は豪華客船を使ったツアーに!!
(そんなにお金ないって???)




エジプトの鉄道事情

エジプトでの旅は、時間と予算で自分スタイルに組み立てていくことができます。
多少時間はかかっても格安で!という人は、長距離移動には鉄道やバスを駆使して、近郊や市内の足にはバスや地下鉄など公共交通機関および自分の足をとことん活用することで、節約することができます。

一方、費用はかかっても効率よく、身体への負担を抑えてまわりたいという人は、長距離移動は飛行機を、市内はタクシーを利用することをお勧めします。
ず~と一日中タクシーりようも費用がかさみすぎますが・・・・。

☆エジプトの国鉄
国鉄にはいろいろな割引料金制度がありますので、うまく利用することをお勧めします。
4歳までは無料、4~10歳までは半額。
同日内での往復切符は25パーセント引き、1ヶ月以内の往復切符は10パーセント引きです。
学生割引30パーセントも嬉しいですね(IDカード提示)。
その他、キトメトリック・シーズンチケットというものがあります。
距離と期間限定の乗り放題の割引チケットです。

利用に際しては、各列車の出発の7日前から予約可能です。
カイロとアレキサンドリアを結ぶエアコン付きの1等、2等は、予約が必須です。
予約のキャンセルは、エアコン車の場合は、出発前の24時間以内なら可能です。


☆急行列車(1等、2等があり、ビュッフェ付き。主要都市に停車)
カイロとアスワンやアスワンダム、またはカイロとデルタ地方、地中海沿いにマルサ・マルトルーフへ向かう路線があります。
エアコン付きの上エジプト線には、寝台列車、食堂車が連結されていることがあります。

☆普通列車(2等、3等のみで各駅停車)

詳しくは、旅行会社に相談することですね。ちゃんとした旅行会社ならしっかりと教えてくれると思います。




エジプトの文学について

今回は、エジプト文学についてお伝えします。エジプト文学ってあまり聞きなれないと思います。英国文学、フランス文学などはよく耳にしますが、エジプト文学となるとご存知の方は少ないと思います。(もしかしたらわたしが知識不足かもしれませんが・・・・)

エジプト文学は、古代の宇宙創造神話、人生訓としての「知恵の書」に起源を発しています。
パピルスの巻物に描かれた葬祭文「死者の書」からは、エジプト人の死生観をうかがうことができます。

それでは、有名な書物の代表的なものを紹介しますね。

●宇宙創造神話
エジプト文学は、紀元前270年ごろの宇宙創造神話や呪術的な葬祭文などの起源にその流れをみることができます。
神話や葬祭文は、王「ファラオ」を神格化する目的で書かれています。
王の絶大な権力を確立するのに貢献し、またそのために書かれているのです。

●「知恵の書」
宇宙創造神話とほぼ同時期のものです。
人生教訓として、父親が息子に与えるもので、文学的にも重要な意味をもっています。
「知恵の書」では、神への服従、自己抑制などを人生の規範とすることが主題となって書かれています。

●「死者の書」
「死者の書」は、紀元前16世紀にパピルスの巻物の書かれた葬祭文です。
永遠の命を信じるエジプト人の死生観を示している貴重な資料のひとつです。
神々への賛歌、死者再生の願いなどが絵を添えて描かれています。


エジプト近代文学は、これらの伝統の流れを汲み、かつ新たな展開をします。
伝統的に封建制度が続くエジプトにおいて、自由のための戦いの先頭にたって率いたのは、近代文学者たちだったのです。
彼らは「人生のための芸術」をスローガンとして文学の政治への参加を主張しました。

エジプトの社会は少数のエリートが支配する構造です。
古代エジプトのファラオの時代からの伝統であり、現在でもその本質に変わりはありません。
ですから、わたしたち外から訪れた観光客が、現地に自分や自分の生まれ育った価値観を持ち込むことは控えるべきだと思っています。





エジプト古代芸術とは何?

日本でも全国のいろいろな美術館、博物館でエジプトの古代芸術展が開かれていて、何度も足を運ばれたかたも多いのではないでしょうか。

古代エジプト美術の特徴はは、神々の崇拝や宇宙創造神話、死後の世界への信仰です。

ファラオ(王)は神の代理人であり、エジプトの古代芸術はそのファラオの政治権力の保護を受けて発展したことから、政治的目的が色濃いものです。
ファラオの統治は、3000年間続き、古代エジプトの美術には、それぞれの時代の王権の強大さが反映されています。

建造物は、ピラミッドに代表されるように幾何学的形状をもちます。
絵画も定型化、抽象化された図柄が目立ち、これらはその後のエジプト美術の基盤となりました。


一方、古代エジプトの建築にも、エジプト人の死生観がよく反映されています。
死後の世界を信仰するエジプト人にとって、墓は永遠の家を意味するきわめて重要なものでした。
そのため大きくて頑丈な石造建築が用いられたのです

そのほか、オベリスク(方尖柱)もエジプトの特徴的な建造物のひとつです。
これは太陽神ラーの信仰が強まってくるにしたがって建造されるようになりました。
日の出を象徴する役割をしています。

神を祀る神殿も巨大で、前面にオベリスク、列柱がならぶ様式がとられています。


また、エジプトを訪れて、エジプトの遺跡を訪れているなかで目を引くのは、その壁画のすばらしさだと思います。

壁画は死者を来世は旅立たせる案内書として墓室に描かれました。

したがって壁画では、永遠にふさわしい人物像・・・つまり抽象化された人体が追求されました。
わたしたちが現在見慣れているような三次元的な描写ではなく、顔は横から、目と眉と両方の肩は正面から、そして胴と足はまた横からみたものが描かれているのが一般です。

ここでは写真として紹介できませんが、みていただければすぐわかると思います。

抽象的な壁画と比べ、彫刻は写実的です。
これは彫刻が礼拝所に安置される目的でつくられたことに原因します。
死者の霊が宿りやすいように、という意識があるためです。

エジプト芸術にとって、壁画と彫刻は本当に素晴らしい宗教的な意味も持つものだと思います。




エジプト旅行での移動手段はロバ、らくだ、馬車

エジプトでよく利用されるファルーカ(帆かけ舟)豪華客船はどの川を利用する交通手段以外の交通機関についてお伝えしますね。

時間と料金といった実用的な面はまったく無視して、「体験」という面でぜひ、利用してもらいたい、エジプトならではの交通機関に、ロバとらくだがあります♪

ギザのピラミッド周辺では、らくだに乗って5分ほどぐる~と一周して写真を撮ってくれる、というお馴染みの客引きをしています。だいたい2ドルくらいが相場です。

その他、サッカーラやルクソール西岸でも、らくだ、またはロバに乗ることができます。
一人でも、またふたりで1頭に乗れることもあります。
いずれにしても、相場をよく知っておかないと、とんでもない値段をふっかけられることがあります。
どこの国、どこの観光場所でも同じですが、観光旅行では値段交渉は必ず乗る前にすることが大切ですよ。バクシーシも当然のようにかなり要求されます。




らくだに乗る時には、座っているらくだにまたがって乗るのですが、らくだが歩き出すときにかなりガクンと揺れるので要注意です。振り落とされないように!!

また、降りるときもどうようにかなりの揺れです。
綱を引いてくれるおじさん?は優しそうな人を選びたいですね。

ろばとらくだによる移動に関しては、あくまで体験を重視!観光の一部として考えてくださいね。

速さでいえば、はっきりいって歩いたほうが早いでしょう。

そして、
お尻がすれて赤くなったり・・・・・・、
筋肉痛になったり・・・・・・・・、
蚤でかゆくなったり・・・・・・、

すべて体験ですよ♪


ルクソール東岸には昔ながらの馬車が健在しています。
特にエスナやエドフなどでは、フェリー乗り場から神殿までの貴重な足となっていますし、思い出づくりにも一役買ってくれるでしょう。

何度も言うようですが、今回ご紹介した交通手段は、すべて実用的ではなく、あくまでもエジプト旅行のイベント?観光の一部として利用してくださいね。

決して、航空機に乗り遅れそうな時に空港までラクダを利用しないようにね♪




PageTop

最近の記事
サイト内容
買い忘れありませんか?

RSSリンク
ランキングに参加しています
ブログ内検索

RSSフィード
リンク集
QRコード

QRコード

携帯用アフィリエイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。