スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





エジプト考古学博物館のミイラとカノプス壺

今回はカイロにあるエジプト考古学博物館に展示してあるカノプス壺について詳しくお伝えしますね。

紀元前16世紀にパピルスの巻物に書かれた葬祭文「死者の書」は、永遠の命を信じる古代エジプト人の死生観をうかがうことかができます。

死後の世界を信仰する古代エジプトにとって、墳墓は永遠の家として絶対的に重要なもの、そして肉体も、いつか霊魂が戻る日のために永遠に保っておくべきものでした。

そして、そのために作られたのが、ミイラです。

ミイラは長い日数と、さまざまな過程を経て作られます。そのための製作費用も馬鹿になりませんでした。

また、意外と知られていないのですが、ミイラにされたのは人間だけではありません。ワニや猫、犬、牛、ヒヒ、そして鳥ではトキなどもミイラにされ、人間のミイラと共に葬られています。

ミイラ製作は、ローマ帝国時代になると、顔には仮面ではなく肖像画がのせられるなど変化をしながらも続行されたのです。

また、ミイラ製作にあたって取り出した内臓も、石製や陶器製の壺に入れられ、保管されました。その壺をカノプス壺といいます。
4つひと組で用いられ、4つの壺にはそれぞれ肝臓、肺、胃、腸が収められたといいます。

古代エジプト人にとって肉体の保存は最重要課題でした。
そのためこれらの4つの内臓も遺体と同様にねんごろに保存されたのです。

4つひとセットのカノプス壺は、それ自体、工芸的な価値があります。

4つの壺にはそれぞれふたがあり、そのふたは古代エジプトの神のひとりであるホルス神の4人の息子の神の頭部が模されているのです。

肝臓の壺は、人の頭部であるイムセティ、肺は猿の頭部のハピ、胃はジャッカルの頭部のドゥアムテフ、そして腸はハヤブサの頭部をもつケベフセヌフです。

4人の神がいろいろな内臓の守護神となっていた、ということなのでしょう。








スポンサーサイト

考古学博物館のウシャブティは必見の価値あり!

エジプト旅行で訪れる観光地でカイロといえば、どうしてもエジプト考古学博物館ははずせません。

そして、そのエジプト考古学博物館はツタンカーメン王の秘宝が展示されていることでも有名です。

だいたいパッケージツアーでは訪問時間は1~2時間ぐらいだと思いますので、せめてラムセス2世のミイラ室はどこにあるのかは調べておいたほうがいいと思います。

事前に調べておいて、スポットでまわる!これが時間がないときの効率的な美術館、博物館の回り方です♪

そして他には考古学博物館には、古代エジプトがツタンカーメンの王墓に埋葬したような金銀財宝ばかりでなく、当時の人びとの生活がわかるようなさまざまな日常品も展示されています。

ツタンカーメンの黄金のマスクなど有名な所蔵品だけでなく、日常品のひとつひとつを見ていても当時の生活が想像されて非常に興味深いものです。

これらの副葬品は、来世を現世の延長としてとらえていた彼らは、来世に行っても困らないよう充分な下準備をしていたことがわかります。


ウシャブティ
ウシャブティというのは、「こたえる者」という意味で、ミイラの形をした小さな像で、副葬品として死者と共に埋葬されました。

呪術的な目的で作られ、墓の主が来世において、必要なときに呼び出し、死者の身代わりになって労働に従事する役目を担っています。

興味深いのは、その数です。ウシャブティは時代と共にその数を増し、新王国時代になると365体、つまり1年分がひとりの死者のために用意されたのです。

ぜひ、こういったものにも興味を持って、事前に調べることによってもっと、もっと深くエジプト旅行を楽しんでいただけたらって思います。




エジプトの観光旅行に強い味方、寝台列車

エジプト旅行の陸上移動手段のひとつとして、ぜひ、利用してもらいたいのが、寝台列車です。
カイロからルクソール、アスワンへとアベラ・エジプト社が最高級列車を運行しています。

列車は、本当に快適で、清潔です。
コンパートメント方式で、1等、2等にわかれています。
各部屋には、折りたたみ式のベッドと洗面台があり、水道は温水と冷水がちゃんと出ます。(って言っては失礼かも!)

時間になると、車掌さんが回ってきて、座席をベッドにかえてくれます。
朝と夕食つきで・・・飛行機の機内食とまではいかないまでも温かい食事をいただくことができます。
朝は、熱々の紅茶またはコーヒー付きです。

寝台列車を運行するエジプトアベラ・エジプト社オフィスは、アレキサンドリア、カイロ、ルクソール、アスワンにあります。
利用する場合は、1週間前までには予約しておくことをおすすめします。

実際には、たくさんの列車が運行されているはずなのですが、旅行者には警備つきの車両のチケットしか販売していないともいわれるからです。

カイロのラムセス駅内にあるオフィスで予約するといいでしょう。
事前に、日本の旅行会社を通して予約することも可能です。

ただし他の国同様、時間にルーズなアバウトな国民です。
列車が2~3時間近く遅れてくることも、何時間も列車は着いているのに出発しないことも多々あります。

ところで、この列車はナイル川に沿って走ります。絶対早起きして見てみてください。朝の日の出の美しさは本当に言葉にならないですから♪


一点だけ注意点を!
夏、暑さで寝苦しくないようにという心やさしい配慮でしょうか?かなり冷房がきついです!
そして空調は車両ごとになっており、各部屋で調節できません。

また・・・夜中中、BGMでエジプト音楽がかかっています。
これもまた、切ることはできません!
気になって眠れそうに無い人は、防寒対策(エジプトで??)と耳栓をご持参くださいね♪






官能的な踊り、エジプトのベリーダンス

カイロ、アスワンなど、エジプトの都会のナイトクラブでは、ベリーダンスと呼ばれる官能的な踊りを観ることができます。

イスラムの女性は、父親と夫以外の男性からは隔離されるように生きています。
そんなイスラムの国エジプトにあって、不思議にも思われるほどのセクシーな踊りです。
実際、保守的なイスラム教徒は、ベリーダンスの廃止を求めているそうですが反対意見も多く、需要が批判を上回っているようですね♪

もともとベリーダンスは中近東が発祥の地といわれ、エジプトに限らず、トルコやギリシアなどでも観ることができます。

ベリーダンスは古代エジプトの女王、クレオパトラも踊ったと伝えられています。

「ベリーbelly(腹部)」のダンス(踊り)といわれるだけあって、おなかの動きに特徴があります。
どうしたらこんなに動くのだろうか、と思うほど、腰やおなかを実に見事に・・・セクシーに、動かします。メタボの人には効果があるかもしれません。といってもそんな人のベリーダンス誰も見たくないでしょうが・・・・。

中近東諸国では、ベリーダンスという名称ではなく、オリエンタル・ダンス、またはラッカス・シャルキーと呼ばれています。

ベリーダンスには本来、子孫繁栄の意味があるので、結婚式で披露されることが多いです。
レストランやナイトクラブ、そのほかナイル川をくだるクルーズ船などでも、ショーの一環として披露されます。

生演奏でいよいよ場が盛り上がる頃、大きく胸をはだけて、腰までスリットの入った、透けるようなセクシーな衣装をまとったダンサーが登場します。

何かに憑かれたようなその踊りは、観ているものの心に迫るものがあります。
演奏される音楽の異国的なムードもまた、この踊りの欠かせない魅力です。

大変魅力的な踊り、ベリーダンスはエジプト旅行では欠かせないものの一つです。エジプト旅行では日程に組み込まれていたり、オプショナルツアーで用意されていることもあります。ぜひご覧になってくださいね♪






エジプトのカイロにあるモスクたち

エジプトでは宗教という枠を超えて人びとの生活全体に深く根付いているイスラム教。
エジプトは、イスラム教スンニー派が90パーセント、キリスト教コプト派が7パーセントを占めています。

イスラム教の礼拝堂を「モスク」といいます。
アラビア語の「マスジド」つまり「ひざまずく場所」が語源です。

日本人の私たちには混同しがちですが、あくまで礼拝を行う場所であるため、仏像が安置されている日本の仏教寺院などと異なり、モスクのなかには崇拝の対象となるようなもの・・・神や天使、預言者などの偶像は置かれていませんし、描かれることもありません。

もっぱら幾何学模様のような装飾が描かれているだけです。
図像を廃した内装と外観は、純粋に装飾、建築の美しさから非イスラム教徒にとっても魅力のあるものとなっています。

モスクは都市の各街区や各村に設けられています。
都市の中心には金曜礼拝を行う、「マスジド・ジャーミー(略してジャーミー)」・・・金曜モスク・・・が置かれています。
大きなモスクは複合施設(コンプレックス)となっており、マドラサと呼ばれるイスラムの学院も併設されています。


エジプトのカイロには次のようなモスクがあります。

●イブン・トゥールーン・モスク
9世紀に完成。
カイロに現存する最古のモスク。

●アズハル・モスク
10世紀後半に完成。
併設されているアズハル大学ともども、イスラム学の中心的存在です。

●ムハンマド・アリー・モスク
19世紀にエジプトを支配した、ムハンマド・アリが建設したモスク。
華麗で壮大なそのすばらしさは、当時の彼の勢力の大きさを示しています。


一度モスクを見ると、その装飾の美しさに見とれてしまいます。
本当に素晴らしいモスクです。




PageTop

最近の記事
サイト内容
買い忘れありませんか?

RSSリンク
ランキングに参加しています
ブログ内検索

RSSフィード
リンク集
QRコード

QRコード

携帯用アフィリエイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。