スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





イスラムの習慣、バクシーシ

海外を旅行して、チップの扱いに戸惑った経験をお持ちの方も多いのではないかと思います。
日本ではあまり習慣化されていないのでどうしても厄介ですよね。

でもエジプトを旅行していると、さらにそれにバクシーシというものまで存在して困ってしまいます。

バクシーシというのは、もともとイスラムの「喜捨」、つまり経済的に余裕のある人が貧しい人にお金または物を与えるのは当然である、という考えから出てきた概念です。

ところがこれが、「あなたは持っているのだから、もっていない私に与えるのが当たり前!」というかのように持たないものが持つものに、当然のようにお金や物をせびる形になってしまっているようです。

エジプト旅行をしていると、バクシーシをめぐっては確かに不快な思いをすることも多々あります!
エジプト人は、もらったバクシーシが少ないと判断すると、自分が馬鹿にされたと考え、怒ることもあります。私たちからすれば何勘違いしているの!!って感じですよね。

一方、あまりに気前よく支払ってしまうと、良いカモを捕まえた!
といわんばかりにしつこく・・・時には団体で迫ってきます。

日本にはお金で人間関係が左右されることを嫌悪したりしますが、実際、お金が人間関係の潤滑油となり得ることもまた事実なのです。

イスラムでは神もこれを積極的に認めているのです。
違和感をもつことも多々ありますが、そこは民族性の違いです。
郷に入ったら郷に従え・・・小額の紙幣は用意しておき当地に規準に妥当な金額を支払うのが、礼儀である気がします。

では実際にはどれほどの金額が妥当なのでしょう?
一般の食堂などでは、ウェーターに30~50pt.くらい、ちょっと高級なレストランなら料金の1割程度をテーブルにさりげなく置いておくとスマートです。
また、トイレでもまず、無料ということはないので、50pt.を渡すのが相場です。

正直うっとおしいと感じることも多々ありますが、本当に郷に入ったら郷に従えですね。
エジプトですから・・・・。






スポンサーサイト

イスラムで宗教上のタブー

郷に入っては郷に従え
これは海外旅行ではとっても必要な言葉だと思います。

というのは・・・・・・
エジプトはイスラムの国です。

イスラムのモスクの装飾は、イスラム教徒でなくても非常に興味深い、芸術性の高いものです。

でもあくまで私たちは観光客つまりその土地のイスラム教徒ではないのであり、地元の人たちの生活を乱すことは絶対避けなくてはなりません。

今から注意すべきことをお伝えしますね。

イスラムの寺院など宗教施設を訪れるときには、肌が露出した服装は避けましょう。

エジプトは非常に暑い国ですが、街中を歩くときも肌の露出は好ましくありません。

実際、現地の人を見ていても、直射日光が肌を直撃するような格好はしていません。

軽く薄いものを羽織っていたほうが・・・たとえば、現地の人が着ているようなガラベーヤは実に当地の気候を知り尽くしたすぐれものです!・・・涼しく感じられます。

また、モスクでは金曜日は礼拝が行われます。
たとえばカイロのブルーモスク「ガーマ・アズラク」では、13:00~15:00は礼拝の時間なので、観光客は入場を控えたほうがいいでしょう。
ガイドさんがつくようなツアーではもちろんそのような時間帯は必ず避けますよ♪


イスラムでは原則として飲酒は禁止です。
エジプトは比較的規則が緩やかで、ステラというビールや、オマル・ハイヤームというワインなど、レストランではアルコール類を置いています。

それでも、特にラマダーンの断食のときにはアルコールは飲みませんし、禁止です。

そんなときには、観光客といえどもあまりおおっぴらにお酒をあおるような真似は避けるべきです。
アルコールに限らず、ラマダーンの期間は、日中、食べ物を持って街中をうろつくような真似はやめましょう。

最低限度の宗教的な知識も海外旅行、エジプト旅行には必要かも知れませんね。






イスラム教の教え、一夫多妻制などエジプト人の生活

イスラム教の教義では、一夫多妻制です。つまりひとりの男性は4人まで妻を娶ることができます。
しかし現在のエジプトにおいて、実際に二人以上の女性と結婚している男性は1パーセントにも満たないといわれています。経済力がないためなのでしょうか?

このようなことからわかるように伝統的に、エジプトは男性社会です。
客人が訪れると、家長、あるいは長男が、お客様のご訪問を高らかに宣言し、家族全員が気持ちを引き締めて客人を迎えます。そして客人が心から満足してもらえるよう、家族全員が協力するのです。


エジプト、特に地方では、血縁の結びつきがきついです。
年上の男性の優越権は絶大です。
結婚も個人ではなく、家族と家族の結びつきと認識されます。
個々の家族は、独立した単位ではなく、婚姻によって結ばれた大きな一族の一員という位置づけになるのです。明治時代などの日本のような感じがしますね。

出生についても、男児の誕生は盛大に祝われます。
一方、女児はさほどでもありません。
男性の数の多さは、経済力や政治力とならぶ、一族の勢力をはかるひとつの目安なのです。
一族の財産、つまり父親の財産は、家族の男性メンバーに引きつがれ、管理されます。
特に長男はもっとも重要な位置づけにあります。

しかし、近年、このような父親を中心とする家族の結束が崩れつつあります。
出稼ぎや移民の増加、農業以外の就職が増大しているのがその原因です。
父親に頼らずに経済力をつけることができるようになってきたからです。

またカイロなどの都会では、父親や夫以外の男性から隔離されて生きてきた女性が、田舎の生活におけるような女同士のつながりも失い、アパートに孤立してしまうという新しい問題もおきつつあります。社会的な新たな問題ですね。




イスラムの5つの柱

エジプト旅行と切っても切れない関係にあるのがイスラム教。そのイスラム教の教えである5つの柱についてお伝えします。

イスラムの信仰は5つの柱に支えられています。
「アル・アルカーン・アル・ハムサ(5つの柱)」です。

1.シャハーダ
信仰告白です。
日本語にすると「アッラーのほかに神はなく、ムハンドはアッラーの使途である」となります。
エジプトでは礼拝のときだけでなく、日常的によく口にされる決まり文句です。
ムハンマドというのは、イスラム教の開祖です。

2.礼拝
エジプトで信仰されているイスラム教はスンニー派です。
スンニー派では1日5回の礼拝が義務づけられています。

3.ザカート(喜捨)
エジプトでは、ザカートは自発的なものではなく「義務」として制度化されています。
チップとは違うのです。

自発的な喜捨は「サダカ」と呼ばれ、「バクシーシ」と呼ばれることが多いものです。
義務である「ザカート」は、貧しい巡礼者や借金を返済できない人のために用いられます。
エジプトを旅していると、「バクシーシ、バクシーシ」と人びとが寄ってきて、困ってしまうことがあります。

弱い人は強い人から施されるのは「当然である」という意識に基づいた習慣です・・・観光者には理解できなくても・・・これはその地に根付いたものなのです。

4.断食
太陰暦の第9月は「ラマダン」と呼ばれます。
第9月1日からイスラム教ではラマダン「断食月」となります。
そして第10月の1日からが「イード・アル・フェトル」(断食月明けの祭り)となります。

5.巡礼
イスラムの5つの柱の最後は、巡礼です。
第12月の巡礼月の8日~10日まで、定められた方法にしたがってメッカを訪れるのです。
もっとも、これは余裕のある人だけで、彼らは帰国すると「ハッジ」と呼ばれて尊敬されます。


そしてこのあと、「犠牲祭」が始まるのです。
羊料理を囲み、豊かな人は貧しい人たちにおすそわけをするのです。

イスラムの信仰の5つの柱、「アル・アルカーン・アル・ハムサ(5つの柱)」を理解することでエジプト旅行の深みが必ず増します。ぜひ、何度でも読み返してくださいね。




PageTop

最近の記事
サイト内容
買い忘れありませんか?

RSSリンク
ランキングに参加しています
ブログ内検索

RSSフィード
リンク集
QRコード

QRコード

携帯用アフィリエイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。