スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





エジプトで使われるイスラム暦とラマダーン

エジプトはイスラムの国ですが、西暦とイスラム暦(太陰暦)の二つが普段の生活で使用されています。

一般的な日頃の生活は西暦を使用していますが、イスラムの習慣で、1週間は土曜日から始まり、休日は金曜日というのが通常です。イスラム暦は、ヒジュラ暦とも呼ばれ、一年が354日で、一年に11日ほど太陽暦とずれていきます。

ヒジュラ暦のヒジュラとは、現地の言葉で、「移住」を意味します。
預言者ムハマッドがメッカからメディナへ移住した年を起元元年とするもので、現在は、イスラムの行事のときにのみ利用されます。ただイスラム暦はエジプトの国民に深く根付いている暦だといえます。


ラマダーン
イスラムの行事のなかでわたしたちも最もよく知っているのは、ラマダーン(イスラム暦の9月)の断食月だと思います。

ラマダーンには、日の出から日没まで一切の飲食が断たれます。唾も飲みこんではいけないという割れるほど厳しいことなのですが・・・・・

太陽が出ていないときにはもちろん食べてもいいわけで・・・昼間の断食の反動ともいえるほどめいっぱいのご馳走が並びます。

昼間、甘いものに飢えているので、ただでさえ強烈な甘さのエジプトのお菓子は、それに輪をかけてものすごい甘さとなります。この甘さ、本当にとんでもないです。砂糖をそのままスプーンで食べるという感覚以上かも知れません。

日没後の食事のあと、近所の人を訪問しあったり、街へ出たり、とナイトライフは大賑わいです。
夜中までにぎやかに過ごしたあと、日の出前に最後の食事「朝食」を食べて、ちょっと仮眠して仕事に行くことが通常です。

ラマダーンの期間は、慢性的な寝不足で、また夕方は、食事めがけて突進する人たちでカイロの町など戦場のような混雑となります。

ラマダーンの時期は、国民の大部分を占めるイスラム教徒が断食をすることから、生活時間帯が通常の時間帯とずれ、労働時間は短くなります。

レストランなども、営業時間が日没後から夜遅く(深夜3時までのこともあります)になることもあります。

夜中の3時まで営業といわれても、24時間営業のお店をよく知っているわたしたちからすれば、そんなすごいことではないのですが、ラマダーン以外の時期にはそんなことは全くないので、やはり特別な時期だといえるのではないでしょうか。





スポンサーサイト

エジプトの祝日、イードル・フィトル、イードル・アドハー、ラマダン

エジプトはやはりイスラムの国、祝日もイスラム教の行事と強く結びついています。
それでは、今回はイスラム教の行事としてもお祭りとされる、祝日についてお伝えします。


☆イードル・フィトル
ラマダーン(イスラム暦の第9月で断食月)が終わると、イードル・フィトルと呼ばれるお祭りが行われます。
断食明けのお祭りで、3日間続きます。
普段離れている親戚に会いに行く、といった感じで、特別に何をするというわけではありません。
しかし、血縁を何よりも大切にするエジプト人にとっては大切な行事です。
日本でいうと、お盆やお正月などの帰省に値する感覚でしょう。


☆イードル・アドハー
イスラム暦の第12月は巡礼月です。
イードル・アドハーは、第12月の10日に、巡礼が無事終わったことを神に感謝して、羊やらくだを屠る儀式を行う祭りで、犠牲祭です。
巡礼に行ったものだけでなく、故郷にいる人も羊などの首を切り、みんなで食べます。
貧しい人に配ったりもする祭りです。
この間は長い休みとなり、日本でいうゴールデンウィークのようです。

エジプトはイスラム教徒が90パーセントを占める国ですが、国民の7パーセントはコプト教の信者です。

コプト教の祭りも、イスラムの祭りと同様に「マリウド」と呼ばれ、エジプト各地にある修道院で行われます。

しかしイスラムの場合と異なり、コプト教の祭典は、聖人の死亡日を記念する祭りです。

宗教的な祭典とは別に、公共の祭典があります。
たとえば、イートル・カウミはそのひとつです。
かなり政治色の強いもので、各県ごとに住民が伝統の民謡や舞踊を披露します。

このような祝日の時期にエジプトを訪れるとラマダン時期などレストランでアルコールが出されなかったり食事が取れなかったりして非常に不便ですが、それもまた普段とは違ったエジプトを見ることができる素晴らしい機会ではないでしょうか。






エジプトにながれる時間は他の国とは違います

エジプトも日本も、もちろん時差はありますが、全世界1日24時間365日ですよね。
これは当たり前のこと。

しかしエジプトでは違う感じがしてなりません。
エジプト旅行をしていると、どこからともなく、お経のような?肉声の響きが流れてきて、
異国情緒に駆られます。

これは「アザーン」というイスラム教における礼拝への呼びかけです。
キリスト教における鐘のような役割をしています。
ただ肉声で行われるところがよりいっそう趣深く感じられます。

「アッラーフ・アクバル(神は偉大なり)」の4度の繰り返しから始まり、1日5回の礼拝時間が近づいていることをムスリム(イスラム教徒)に知らせるために、モスクなどから呼びかけられます。
イスラム教徒にとっては時計代わりの存在で、生活に根付いています。


エジプトには、「3つの時間がある」とわたしは考えています。
夏時間と冬時間、そしてラマダーン時間です。

エジプトではイスラムの習慣により、1週間は土曜日から始まり、休日は金曜日です。

現在、お店はたいてい日曜日を定休日としていますが、なかには金曜日ということもあります。
観光で訪れる人たちにとって、お目当てのお店がおやすみというのはなんとも悲しいものです。
せっかく買いものを楽しみにしていたのに・・・・・・って。

夏の暑さが厳しいエジプトでは、夏、9:00~13:00までと17:00~20:00が営業時間となります。
昼間はお休みが多いですからショッピングは注意してくださいね。


しかし、昼間よりもさらに注意が必要なのは、ラマダーン時間です。

年に一回のイスラム暦ラマダーン月(9月)には、国民の大半を占めるイスラム教徒が断食に入ることから、レストランなどは夕方から深夜までの開店となるのがほとんどです。
なかには、ラマダーンの時期丸々1ヶ月間、休業というところさえあるほどです。






エジプトの水は飲めるのか?

さて、エジプト旅行で気をつけていただくことにひとつに「水」があります。

エジプトの暑さ、とくに夏などは半端じゃありません!
暑い?いやいや、熱いってぐらいです。

汗をかかないなあ・・・暑いって聞いてきたけどそれほどでもないなぁ~と思っていたら、なんのことない、汗は肌から出るとすぐに蒸発してしまうからです。

体感的には日本の夏よりも数段気持ちはいいですよ。体感的にはですが・・・・・・。
でも、身体へのダメージは相当なものがあります。半端じゃありません。女性など肌を気にされる方は注意が必要です。


水分補給は、脱水症状を防ぐためにも不可欠です。
かといって、現地の水を飲むことは絶対にやめてください。

エジプトの飲料水は基本的にナイル川から供給されます。
当然、浄水場を経て水道へとくるはずなのですが、この水道管が赤錆びていたりして、大きなホテルといえども、バスタブに水をためていたらいつのまにか赤くどろどろになっていた、ということもあるほどです

エジプトでは路上のあちこちに素焼きの壺が置かれ、水道水が入れられています。
この壺はジィールと呼ばれます。

素焼きなので絶えず、水が外に滲みだし、外気の熱で水蒸気となります。
これによって気化熱が奪われ、中の水を冷却するという仕組みです。

昔は、素焼きの壺をろ過して下にしたたる水を飲んだといわれますが、現在は、壺のなかの水をすくって飲みます。

現地の人たちは、備え付けのコップで飲んでいるようですが、観光客にはまずお勧めできません。
みなさんはしないと思いますが、おなかの弱い方なら即トイレ直行ですよ♪
話題作り、旅のジョークでも絶対にやめてくださいね。

その水の代わりに私のおすすめはチャイです。
しかも、エジプト人と同じように熱いチャイを飲むことをおすすめします。

そして何よりも暑い時間にはふらふらと出歩かないことかもしれませんね。
夏の日中、カイロの街中を歩いているのは観光客ばかり!
エジプト人は自宅でお昼寝タイムです。

「郷に入れば郷に従え」かもしれません。
昼間は観光もやめて、ホテルで昼寝!!

さ~てせっかちな日本人、どれだけの人が実行できるか?

わたしは、絶対無理ですね♪





エジプトにおけるイスラム教

エジプト旅行をする私たち観光客にとってすべてにおいてかなりの影響をうけるイスラム教。
イスラム教を理解することがエジプト旅行を楽しむ上で感動を2倍にも3倍にもしてくれると思います。

今回はそのイスラム教についてお伝えします。

エジプトは、国民の90パーセントがイスラム教スンニー派の信者というイスラム国です。
イスラムは、西暦7世紀にアラビア半島に現れた宗教で、ユダヤ教やキリスト教といった先行する宗教と同じ流れをくみます。

イスラムの5つの柱「アル・アルカーン・アル・ハムサ(5つの柱)」は人びとの生活に広く、深く根付いています。その5つとは・・・・
1.シャハーダ
2.礼拝
3.ザカート(喜捨)
4.断食
5.巡礼

エジプトでよく耳にする「アッラー」とは、アラビア語で「唯一の神」を意味します。
「インシャアッラー(神の思し召しのままに)」は、
エジプト人がよく口にする言葉です。
誰かに何かを頼んだりするとこの言葉が返ってくることがよくあります。

「人間の能力には限界があるもの、未来のことは・・・神のみぞ知る!」という意味で、エジプト人の無責任さを示す言葉をして引用されることも多いですが、人間が己の分をわきまえないことを戒める、ムスリムの貴重な教えなのです。

以前、エジプト旅行の添乗をした時、お客様からホテルの部屋の電気がつかないとのクレームでロビーに行ったらホテルのスタッフは
「インシャアッラー(神の思し召しのままに)」
何もしてくれませんでした。(涙)

また、「アル・ハムドゥリッラー」は「おかげさまで」といったニュアンスでやはりよく口にされます。

これら「アッラー」を含んだフレーズは、エジプトを旅していれば何度も耳にするはずです。
時間にはルーズで、平気で約束の時間に遅れてくることもしばしば・・・。
でも、逐一腹を立てていてはエジプトでは暮らしていけません!

「インシャーアッラー!」
人間には限りがあるのですがから・・・のんびり構えていこう!
この気持ちで、ゆったりとエジプトの旅をしてこそこの国の魅力もわかります。
郷に入れば郷に従え!そうしてこそ、本当の旅を楽しめるでしょう。

といっても、やっぱりイライラしてしまいますよね。(笑)





PageTopNext>>

最近の記事
サイト内容
買い忘れありませんか?

RSSリンク
ランキングに参加しています
ブログ内検索

RSSフィード
リンク集
QRコード

QRコード

携帯用アフィリエイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。