スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





エジプト考古学博物館のミイラとカノプス壺

今回はカイロにあるエジプト考古学博物館に展示してあるカノプス壺について詳しくお伝えしますね。

紀元前16世紀にパピルスの巻物に書かれた葬祭文「死者の書」は、永遠の命を信じる古代エジプト人の死生観をうかがうことかができます。

死後の世界を信仰する古代エジプトにとって、墳墓は永遠の家として絶対的に重要なもの、そして肉体も、いつか霊魂が戻る日のために永遠に保っておくべきものでした。

そして、そのために作られたのが、ミイラです。

ミイラは長い日数と、さまざまな過程を経て作られます。そのための製作費用も馬鹿になりませんでした。

また、意外と知られていないのですが、ミイラにされたのは人間だけではありません。ワニや猫、犬、牛、ヒヒ、そして鳥ではトキなどもミイラにされ、人間のミイラと共に葬られています。

ミイラ製作は、ローマ帝国時代になると、顔には仮面ではなく肖像画がのせられるなど変化をしながらも続行されたのです。

また、ミイラ製作にあたって取り出した内臓も、石製や陶器製の壺に入れられ、保管されました。その壺をカノプス壺といいます。
4つひと組で用いられ、4つの壺にはそれぞれ肝臓、肺、胃、腸が収められたといいます。

古代エジプト人にとって肉体の保存は最重要課題でした。
そのためこれらの4つの内臓も遺体と同様にねんごろに保存されたのです。

4つひとセットのカノプス壺は、それ自体、工芸的な価値があります。

4つの壺にはそれぞれふたがあり、そのふたは古代エジプトの神のひとりであるホルス神の4人の息子の神の頭部が模されているのです。

肝臓の壺は、人の頭部であるイムセティ、肺は猿の頭部のハピ、胃はジャッカルの頭部のドゥアムテフ、そして腸はハヤブサの頭部をもつケベフセヌフです。

4人の神がいろいろな内臓の守護神となっていた、ということなのでしょう。








スポンサーサイト

考古学博物館のウシャブティは必見の価値あり!

エジプト旅行で訪れる観光地でカイロといえば、どうしてもエジプト考古学博物館ははずせません。

そして、そのエジプト考古学博物館はツタンカーメン王の秘宝が展示されていることでも有名です。

だいたいパッケージツアーでは訪問時間は1~2時間ぐらいだと思いますので、せめてラムセス2世のミイラ室はどこにあるのかは調べておいたほうがいいと思います。

事前に調べておいて、スポットでまわる!これが時間がないときの効率的な美術館、博物館の回り方です♪

そして他には考古学博物館には、古代エジプトがツタンカーメンの王墓に埋葬したような金銀財宝ばかりでなく、当時の人びとの生活がわかるようなさまざまな日常品も展示されています。

ツタンカーメンの黄金のマスクなど有名な所蔵品だけでなく、日常品のひとつひとつを見ていても当時の生活が想像されて非常に興味深いものです。

これらの副葬品は、来世を現世の延長としてとらえていた彼らは、来世に行っても困らないよう充分な下準備をしていたことがわかります。


ウシャブティ
ウシャブティというのは、「こたえる者」という意味で、ミイラの形をした小さな像で、副葬品として死者と共に埋葬されました。

呪術的な目的で作られ、墓の主が来世において、必要なときに呼び出し、死者の身代わりになって労働に従事する役目を担っています。

興味深いのは、その数です。ウシャブティは時代と共にその数を増し、新王国時代になると365体、つまり1年分がひとりの死者のために用意されたのです。

ぜひ、こういったものにも興味を持って、事前に調べることによってもっと、もっと深くエジプト旅行を楽しんでいただけたらって思います。




PageTopNext>>

最近の記事
サイト内容
買い忘れありませんか?

RSSリンク
ランキングに参加しています
ブログ内検索

RSSフィード
リンク集
QRコード

QRコード

携帯用アフィリエイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。